凝った年賀状を作ろう「写真を印刷すればグレードアップ」
ロゴ

Useful skill in the art

写真付きが良いなら業者選びに留意<年賀状を印刷する3箇条>

従来の方法と現代の方法

印刷する

印刷をするとスピーディーに年賀状を作ることができるので、時間が取れない方にぴったりと言えるでしょう。そして、高質な仕上がりにすることができるので、企業向けにいいかもしれません。また、デザインも豊富です。

手書きで書く

手書きで書くメリットと言えば、断トツでコストダウンをすることができることと言えるでしょう。そして、字によってはぬくもりを演出することもできるので、親しい方にはこの方法を使ってみると良いでしょう。

選ばれる年賀状ランキング

no.1

定番の干支入り

辰や寅などの12支がデザインされたものがド定番になっています。ですので、絵のセンスがイマイチな方は動物が書かれているものを選ぶと無難かもしれません。そうすれば、迷う時間も減らすことができるでしょう。

no.2

子供の写真入れ

親や親せきに年賀状を送りたいのであれば、我が子の愛らしい写真を添付すると良いでしょう。そうすることによって、元気な姿を伝えることができますし、成長過程を手元に取っておくこともできるのです。

no.3

3D付き

最近では、ハガキの表面が3Dになっていて、向きによってキャラクターの表情が変わるものがあります。ですので、小さな子供がいる家庭に送りたいと思っている方は検討してみると良いでしょう。

no.4

ペットをアピール

ペットブームに火がついて目に入れても痛くない自分のペットの写真を印刷して年賀状にする人が増えてきています。ですので、我が仔のベストショットが撮れたなら使ってみるという手もアリとなっています。

no.5

余白スペースがある

近年では裏面は全てデザインが施されたものが主流になっていますが、大切な人に送りたいならメッセージを書ける箇所があるものを選ぶと良いでしょう。そうすれば、気持ちも一緒に届けることができるのです。

凝った年賀状を作ろう「写真を印刷すればグレードアップ」

はがき

無料印刷を試そう

いきなり業者に写真付きの年賀状の依頼をするのが不安な場合は、印刷をお試しできるサービスがあるので、それを利用してみると良いでしょう。そして、気に入らなければキャンセルをすることも可能となっているので安心です。こだわりの強い方はトライしてみるべきです。

査定をする

配置などに不満がなければそのまま年賀状の印刷を契約すると良いでしょう。しかし、写真付きだと値段が高くなってくる恐れがあるので、見積もりをしておくのが無難です。そうすれば、無駄な費用をかけずに済むのです。

口コミを見る

思い出深い写真をハガキに印刷したいのなら、口コミを参考にしておくべきです。サイトには実際に注文した方が感想を掲載しているので、その欄を見ておくと良いでしょう。そうすることによって、質の高い年賀状を作ることができます。

広告募集中